【実は危険?】海外FXには注意しよう!

なぜ海外FXが注目されているのか

FXといえばネット副業の中でも有名で、パソコンやスマホがあれば取引ができます。
取引はかかる時間が短く安く購入し高く売却すると差額で利益を出せ、値動きをきちんと読めば成功しやすいです。
しかし、国内の業者ではレバレッジが最大で25倍になり、海外の1000倍と比べて差があります。また、少ない資金で始めやすく口座残高不足になっても追加証拠金が請求されないため、海外の業者には国内にはない魅力を感じるものです。

最近では海外の業者で新規口座開設や入金でボーナスをもらえ、証拠金の一部として使えます。
このため、現金を負担せずに成功すれば多くの利益を実現でき、業者の広告にもアピールされているため誘惑に負けてしまうものです。
しかし、実際には詐欺のリスクが高く、安易にキャンペーンの良さなどを信じてしまうと落とし穴にハマることになります。

詐欺のパターンとは

海外の業者は日本国内において金融庁の許可を受けていないため、利用が推奨されず自己責任でトレードを行う必要があります。
このため、トラブルが起きても相談できなく自分自身で解決するようにしないといけなくなり、入金した現金が戻ってこなくなるなどリスクが高いです。また、副業をするとLINEなどのSNSで紹介されますが、実際には誰でも簡単な作業で多くのお金を稼げるとアピールしています。

しかし、実際に利益を出しても出金を拒否され続け、挙げ句の果てには計画倒産をする傾向が強いです。また、有料の自動取引や自動売買ツールや情報商材を購入するよう勧められ、そのまま返金してもらえなくなります。このため、安易に稼げると思わせる傾向がありますが、実際には利用者を増やしてお金をだまし取る作戦のため甘くないと考えることが大事です。

業者選びは慎重に!

海外FXをするときは優良の業者もあり、特商法を守っているため会社概要などが記載されています。また、気軽に問い合わせや相談ができるよう日本語対応で、日本人スタッフが対応してくれるため安心です。

しかし、利益を出しても出金を拒否されると意味がなく、事前に利用者の口コミや評判を確かめて決める必要があります。
また、信託保全でないと倒産すると預けた資金を失うことになり、事前に確かめて登録をすることが大事です。海外の業者はメリットだけを強調する傾向がありますが、実際には安易に稼げると信じると罠にかかることになります。

このため、きちんと情報を確かめてトレードを行い、自己責任でするようにしないといけません。