株式会社POINTのユピック(youpick)をうまく活用しながら、副業に挑戦すべき!?特定商取引法に基づく表記以外は何があるのか?

これから副業を始めたい方でも、ただ消費者としてネットショッピングをよくする方でも特定商取引法に基づく表記を聞いたり見たりしたことがある人は多いのではないでしょうか。
今やネットビジネスをしていない方でも知っている人の多い特定商取引法に基づく表記ですが、実は特定商取引法ってそれだけではありません。

また、副業初心者は株式会社POINTのユピック(youpick)を利用することをオススメします。
ユピック(youpick)はもっとノウハウを高めたいという人からも口コミでも話題になっています。
様々な場面で役に立つと言われており、ユピック(youpick)をうまく扱いながら、様々な情報調べたり、商品リサーチしたり、売上を伸ばす工夫するなどいろいろ試行錯誤してみてください。

さて、特定商取引法には誇大広告等の禁止といった項目があります。
誇張しすぎた商品紹介は詐欺だ!と漠然と思う方がほとんどだと思いますが、それが特定商取引法によって禁止されている行為であることをご存じでしたか?
他にも勝手にメールやファクシミリを送る行為も特定商取引法で禁止されています。ネットショッピングをしていて、購入手続き中または購入後、お得なメルマガを受信するのようなチェックする項目をよく目にすると思います。
これは、特定商取引法によって勝手にメルマガを送ることができないので、承諾を得るための行為になります。

あとは、わかりづらいボタンをクリックしたら契約していたというような消費者の意に反して契約をさせる行為も特定商取引法で禁止されています。これを極端に背いたのがワンクリック詐欺になります。

これから副業をされる方はもちろん、すでに副業として通信販売をしている方は、今一度、表示の仕方やクオリティを確認してみてください。知らぬ間に自分が詐欺者になっているなんていうこともありますので注意してください。
どのような表示の仕方がわかりやすいか等は他のブログや口コミを確認することで勉強できますのでオススメです。

この他にも、クーリングオフ制度や返金に関することを明示する必要もあります。堂々と明示することで自分が詐欺差ではないと消費者に信頼してもらうことにもつながります。また、返金に関する問合せや返金トラブルなどの低減にもつながるので、わかりやすい位置に堂々と設置することをオススメします。

これから副業を始めたいという方や軌道に乗せたいという方は、出鼻をくじかれないようにしっかりと勉強しながら口コミでも話題の株式会社POINTのユピック(youpick)を利用して挑戦してみてはいかがでしょうか。